Yoco's farm よこお農園の192万分の1の農魂

よこお農園 四代目の農業日記です。

一推し!でも……。

当農園一推しミニトマト

 

プチぷよ🍅

 

真夏の時よりも

 

美味しくなってきました!!

 

食べた感じ、甘さup、コクupって感じです。

 

弱小農家で、糖度計が無いため、僕自身の味感覚になってしまって、数字の根拠は無いのですが…(^。^)

 

先輩トマト農家さんも真夏より、少し気温が落ち着いた位の方が味は良くなるって言ってましたし。

 

間違いなく、出荷当初より美味しくなってます。

 

……でも感覚じゃなく、数字の根拠欲しいなと。

糖度計〜〜(*´∇`*)いつか買おう。。

 

 

話は戻してこのプチぷよ🍅

 

販売するには、けっこーう曲者で

 

柔らかさ、皮の薄さが影響して、

一般のミニトマトと比べて、

ものすごーーーく傷つきやすくて

f:id:Yocos-farm:20170823155150j:image

選果中にちょっと指の爪で引っ掛けただけでも写真の様に皮が破れます。

選果はもちろん手作業で

 

恐らく、選果機にかけると皮が破れてダメになるのでしょう。

一般流通はあまりして無いと思います。

 

また、パックや、袋に入れて、ヘタの軸が実にぶつかると、それでも傷付いてダメになるので

f:id:Yocos-farm:20170823155535j:image

一粒づつヘタの軸を切り取ってます。

 

そして、トマト同士が吸い付く様な、皮のしっとりさゆえ、パック詰めの際も擦れると皮が破れるので、最新の注意を払ってパック詰めしています。

f:id:Yocos-farm:20170823155920j:image

通常ミニトマトのパック時間比3倍以上の時間がかかります(;ω;)

 

皮の柔らかさゆえ、傷果実も多く

f:id:Yocos-farm:20170823160543j:image

葉で擦れたり、生育中隣同士のトマト同士で傷付けあったり。

 

尻腐れ果もけっこうある。

まぁ、これは、僕の栽培技術の面や、その年の気候にもよる所も、あるとは思いますが。

f:id:Yocos-farm:20170823160816j:image

 そんなじゃじゃ馬、本当に手のかかるやつなんですが。

 

とにかく、美味しいのです。

昨年出会って、この味に感動し

惹かれてしまいました。

f:id:Yocos-farm:20170823161016j:image

だから、このトマトを食べた事の無い人に、この味を食べて貰いたいし、知って貰いたい。

 

もちろん、リピートして食べてももらいたい。

 

そんな想いでプチぷよ🍅栽培しています。

 

もちろん、他の品種も気持ちを込めて作ってますので

 

一粒入魂でこれからもやっていきます!

 

 https://yocosfarm.wixsite.com/tomato